クラウド導入サーバーレスアーキテクチャ(Lambda)

AWS Lambdaを活用することで、サーバー管理の手間を撤廃し、コアビジネスへの集中を実現します。

サーバー管理を無くし、ビジネス需要に応じて自動スケール

サーバーレスアーキテクチャ(Function as a Service)を活用することで、サーバーの構築・管理の手間を完全に無くし、需要に応じて自動的に伸縮するシステム基盤を実現できます。

また、初期費用は不要で、システムが稼働した分だけ無駄なく課金されるため、インフラコストの変動費化を抜本的に進めることができます。

コアビジネスにエンジニアリングリソースを集中できる

サーバーレスアーキテクチャの利用によって、クラウドならではの俊敏性・柔軟性を最大限享受できる上に、新機能開発やサービス改善のための開発に集中することができます。

貴社のエンジニアリングリソースを、サーバー管理ではなく、事業競争力の向上や優位性を確保に投下することが可能です。

「サーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)」の特長

仮想サーバーの管理が不要に

サーバーレスアーキテクチャの基盤には、AWSが一元的に運用管理を行うフルマネージドサービス「AWS Lambda」を用います。仮想サーバーのセットアップ・プロビジョニングや運用・保守などは一切不要になります。

イベント駆動で自動スケール

数回の小規模なアクセスから、数千・数万の大規模なアクセスまで、ビジネスのイベント・需要に応じて自動的にシステムが伸縮するため、高い柔軟性と俊敏性を持ったアプリケーションの提供が可能となります。

使った分だけ支払う従量課金制

初期費用は不要で、待ち時間には費用は発生しません。システムが稼働した分だけ、ミリ秒単位で無駄なく課金されます。

サーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)

AWSのサーバーレスアーキテクチャである「AWS Lambda」を活用し、貴社のアプリケーションを稼働させます。

AWS Lambda(FaaS)は、サーバー管理不要、イベントドリブン自動スケール、ミリ秒単位での課金が特徴です。PythonやNodeでビジネスロジックを実行したコードをLambda関数としてアップロードし、他のAWSサービスやAPIをトリガーにセットされたLambda関数を実行、サーバーのプロビジョニング不要でLambda関数のイベントに応じて必要なシステムリソースを自動調整します。ビジネスに必要な時間の分だけ利用料を支払い、実行しなければ0円で維持することができます。

1プログラミング言語

AWS Lambdaは、Java、Go、PowerShell、Node.js、C#、Python、Rubyなど、ビジネスアプリケーションで多用されるプログラミング言語をネイティブでサポートしています。

2イベント駆動

「ストレージへのデータの格納」「メッセージの受信」「データの更新」など、他のAWSサービスにて発生するイベントをトリガーにして、独自のビジネスロジックを実装することができます。

3オートスケーリング機構

数回の小規模なアクセスから、数千・数万の大規模なアクセスまで、ビジネスのイベント・需要に応じて自動的にシステムが伸縮します。

サーバーレスアーキテクチャ(Lambda)の導入の流れ

お客様とMMMが一つのチームとなり、サーバーレスアーキテクチャの構築・導入を推進します。

1現在の課題とゴールの定義

現在のシステム・ビジネス上の課題や、サーバーレスアーキテクチャの検討に至った経緯について、弊社のエンジニアリングチームがヒアリングさせて頂き、サーバーレスアーキテクチャによって実現したいゴールを両社で確認します。(遠方のお客様はビデオ会議を通じてのヒアリングも可能です)

2導入提案

解決したい課題やゴールを弊社チームが把握した上で、AWS Lambdaによるサーバーレスアーキテクチャを活用したシステムの詳細と、システム導入のメリットをご提案します。

3設計・開発

AWSの導入を進め、ビジネスロジックをLambdaファンクションとして設計・開発します。

4運用

開発完了後は、お客様に協力頂きながら綿密な検証を行い、運用を開始します。

5継続的改善

お客様のビジネスゴール達成に向けて、メトリクスを可視化しながら、継続的な運用と改善を進めていきます。

対応するシステムの例

リアルタイム画像変換

画像をストレージにアップロードし、自動的に最適な画像形式への変換やサムネイル生成を行います。

IoT(Internet of Things)

拠点配備のエッジコンピューティングからデータをリアルタイムで受け取り、最適な形に整形してデータベースへ格納します。

モバイル連携

スマートフォン端末から、写真のアップロードのイベントをAPI経由で受け取り、Push通知を配信する等のサービスを構築できます。

データ連携基盤

基幹システムからのデータ投入をトリガーにして、データウェアハウスでのビッグデータ解析を実行します。

開発者の声

クラウドエンジニア
内山 浩佑

サーバーレスアーキテクチャでは、貴社のアプリケーションを稼働させるために物理・仮想サーバーを運用する必要がありません。サーバーの構築・管理にかかるコストを、大幅に削減することができます。

また、需要に応じて自動的にシステムが拡張するため、無駄な初期投資が不要となり、高い柔軟性と俊敏性を持ったアプリケーションを開発できます。

プロジェクト・マネージャー
下條 真嗣

サーバーレスアーキテクチャにより、ビジネスに直結しないシステム運用の工数を減らすことができます。

AWS Lambdaは、他のAWSサービスのイベントがトリガーとして用意されているため、サービス間の連携が容易です。局所的にサーバーレスアーキテクチャを導入し、徐々に拡大させていくこともできます。

事例紹介Case

よくあるご質問

Qサーバーレスアーキテクチャと仮想サーバーの使い分けはどう考えたらいいですか?

Aサーバーレスアーキテクチャは、アプリケーションやデバイスでイベントが発生した際にロジックを実行する、ステートレスな(状態を持たない)設計となります。そのため、イベント駆動型のシステムに向いたアーキテクチャとなります。

仮想サーバーは、常時稼働が必要とされるサーバーサイドアプリケーションに向いています。

Qサーバーレスアーキテクチャの監視はどうすればいいですか?

Aサーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)が実行されるシステム基盤は、AWSによって運用・管理されますが、実行される関数(サーバーレスアプリケーション)は継続的な監視が必要です。

弊社では、サーバーレスアプリケーションの監視には、Datadogという監視ツールを用いることを推奨しています。

関連するサービスOther Service

クラウドのスペシャリストが、新規事業に関わる疑問や課題を解決します。

クラウドコンサルティング

クラウド・AWSに関するあらゆる相談を受け付けています。

詳しく見る

システム総保有コスト(TCO)最適化

AWSの徹底活用によって、お客様の情報システムのコスト削減を実現します。

詳しく見る

クラウドの潜在力を発揮したシステム構築を行います。

AWS設計・導入支援

AWSのベストプラクティスに基づいた設計・導入支援を行います。

詳しく見る

お問い合わせ

見積もり依頼や詳しいご相談など、クラウド・AWSに関する困りごとをお気軽にご相談ください。
以下のお問い合わせ先から受け付けています。

お問合わせはこちら

※通常1営業日内にご回答いたします。