クラウド導入AWSマイグレーション(移行)

貴社のオンプレミス環境の情報システムを、最適な形でAWSに移行します。

アプリケーション含めたAWSへの移行をワンストップで支援します

AWSへのシステム移行・検討でお困りではありませんか?

「アプリケーションのAWS移行をどう進めたらいいかわからない」「システム運用コストをもっと削減したい」「ビジネススピードに追従できる俊敏性が欲しい」。

これらのお悩みを、MMMのAWSマイグレーション(移行)サービスが解決します。

属人化、メンテ不可、硬直化、コスト増化の環境からAWSを徹底活用した環境へ移行することで、俊敏性UP、コスト削減、満足度向上を期待できます。

クラウドの価値を引き出す、MMMのAWS移行

現在のシステムをそのままAWSへ移行するだけでは、クラウドが持つ真の価値を享受することはできません。

MMMは、クラウドの「俊敏性」「柔軟性」を最大限発揮できるよう、貴社の重要なアプリケーションまで含めた、クラウドネイティブなAWS移行をサポートします。

「AWSマイグレーション(移行)」の特長

インフラからアプリケーションまで一括対応

インフラをAWSにそのまま移行するだけでは、クラウドのメリットを十分に得られません。MMMのエンジニアリングチームが、貴社アプリケーションのクラウドネイティブ化を支援します。

AWS移行時のダウンタイムを最小化

移行時に長時間のダウンタイム(サービスが停止する時間)を発生させません。AWSが提供するDatabase Migration Service(DMS)の利用をはじめ、適切な移行計画の立案、入念なリハーサルを行った上で移行を行います。

入念な事前調査と検証

対象となるシステムについて、事前調査とAWS上での検証を入念に行った上で、AWS移行を行います。トラブルの無い、安心・安全なAWS移行をお約束します。

システムアセスメント・アプリケーション解析

AWS移行を成功させるためには、対象システムの事前調査が欠かせません。MMMでは、稼働中のシステムとアプリケーションのコードまで含めて調査を行い、事前にAWS上で入念な検証を実施することで、貴社に最適なAWSへの移行をご提案します。

1システム・ネットワークインフラストラクチャ調査

対象システムに関して、ヒアリングと実際の環境の調査をさせて頂きます。調査の内容には、サーバー、ストレージ、ネットワーク構成、利用しているOS・ミドルウェア、データ容量、バックアップ・リストア、性能要件などが含まれます。

2アプリケーションコード解析

仕様書などのアプリケーションに関するドキュメントが無い場合でも、アプリケーションのコードそのものから現状の仕様を読み込み、ビジネスロジックを精査することで「システムの振る舞い」を把握します。

3AWSでの事前検証

インフラストラクチャとアプリケーションコードの調査結果を踏まえて、AWS移行の計画を立案し、事前検証を行います。AWS移行の前に、運用コストの低減や、柔軟性・俊敏性の向上が実現できるかを確かめます。

AWSマイグレーション(移行)の流れ

お客様とMMMが一つのチームとなり、AWS移行の成功に向けプロジェクトを推進します。

1AWS移行のゴール定義

現在のシステム・ビジネス上の課題や、これまでの背景・経緯について詳細にヒアリングさせて頂き、AWS移行によって達成したいゴールを両社で確認します。

2事前調査・検証

移行の対象となるシステムについて事前調査と検証を進めます。関係部署や運用ベンダーを含めたシステム・業務の全体像を洗い出すほか、AWS移行の効果やビジネスメリットを可視化します。

3AWS移行計画の立案

事前調査・検証の結果をふまえて、AWS移行後のシステムのグランドデザイン、アプリケーションレイヤーまで含めたシステム全体の移行計画を立案、ご提案します。

4AWS運用・保守の検討

AWS移行後のインフラとアプリケーションの運用・保守に関して、あるべき姿を具体的なプランとしてご提案し、運用方式・保守契約を協議させて頂きます。

5AWS移行実施

合意したAWSへの移行計画、および移行後の運用・保守の要件をふまえて、MMMのエンジニアリングチームが移行作業を実施します。

対応するシステムの例

Webサービス・SaaS

自社保有システム(オンプレミス)、共用サーバーやVPS、他のクラウドで稼働しているWebサービス、SaaSビジネス基盤などのAWS移行を行います。

基幹業務システム・ビジネスアプリケーション

エンタープライズ向けの業務システムや、改修が難しくなったビジネスアプリケーションのクラウド・AWS化に対応します。

モバイルアプリケーション基盤

モバイルアプリのユーザー数増加への対応、システムの拡張性と俊敏性、AWS先進技術の活用を目的としたAWSへの移行を行います。

開発者の声

プロジェクト・マネージャー
下條 真嗣

MMMが手がけるAWS移行は、単なるサーバーの引っ越しに留まりません。「運用コストの削減」「俊敏性の向上」「顧客満足度の向上」など、ビジネス価値を高めることも可能です。

貴社がクラウドのメリットを最大限享受し、ビジネスを推進することできるように、MMMのエンジニアリングチームがお手伝いします。

クラウドエンジニア
内山 浩佑

MMMは、AWSを熟知した認定技術者のみで編成された、AWSのプロフェッショナルチームです。

インフラはもちろん、フロントエンドからバックエンド、アプリケーションまで全領域で対応可能。貴社システムのAWS移行をワンストップでサポートします。

事例紹介Case

よくあるご質問

QAWSへの移行をお願いする際に必要な情報はなんですか?

A把握されている範囲で構いませんので、以下のような情報をお問い合わせフォームからご連絡ください。
1.AWS移行をご検討されているシステムやアプリケーションの情報
2.AWS移行をご検討されている背景と狙い
3.想定スケジュール(ビジネス的なデッドライン)
4.AWS移行時に弊社へご依頼を予定されている作業

QAWS移行にどのくらいの期間が必要ですか?

AAWS移行を検討されているシステム規模や対象作業により変動しますが、今までのケースでは2週間〜2ヶ月程度が多いです。

QAWS移行時にどこまで対応してくれますか?

AAWSのインフラ設計・構築はもちろん、AWS上で稼働するアプリケーションの再設計・リファクタリング・再開発、また実際のデータ移行までをワンストップで対応可能です。

関連するサービスOther Service

クラウドのスペシャリストが、新規事業に関わる疑問や課題を解決します。

クラウドコンサルティング

クラウド・AWSに関するあらゆる相談を受け付けています。

詳しく見る

システム総保有コスト(TCO)最適化

AWSの徹底活用によって、お客様の情報システムのコスト削減を実現します。

詳しく見る

クラウドの潜在力を発揮したシステム構築を行います。

AWS設計・導入支援

AWSのベストプラクティスに基づいた設計・導入支援を行います。

詳しく見る

お問い合わせ

見積もり依頼や詳しいご相談など、クラウド・AWSに関する困りごとをお気軽にご相談ください。
以下のお問い合わせ先から受け付けています。

お問合わせはこちら

※通常1営業日内にご回答いたします。