クラウド運用クラウド運用監視(Datadog)

自社開発のAWS特化監視コンソールを用いて、システム全体を可視化します。

適切な運用監視で、機会損失の防止と、運用コストの削減が可能です

AWSやオンプレミスで稼動中の貴社のシステムを、適切に監視できていますか?

MMMは、クラウドモニタリングサービスである「Datadog」を活用して、障害発生時の迅速な検知・発報、運用リソースの見える化、運用・障害情報の一元管理を実現します。

Amazon Web Services、Datadog Support、Docker Container、Hybrid Cloudを連携・活用します。

Datadogの活用により、システム監視の最適化をワンストップで対応

Datadogを用いて、目的・領域別にシステム上のメトリクスを収集。障害の検知漏れの防止、リソース可視化によるシステム投資の最適化、障害対応の迅速化、サービス品質の改善などを実現します。

「クラウド運用監視(Datadog)」の特長

クラウドメトリクスの連携

AWSやGoogle Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureをはじめ、主要なパブリッククラウドサービスから提供されるメトリクスを簡単に利用可能です。

ミドルウェアとの連携

Apache/NginxやRedis、MongoDBなど、昨今のシステムで多用されるミドルウェアに関して、必要な設定を行うことで容易にメトリクスを収集できます。

自由度が高く、見やすいダッシュボード

ダッシュボードは自由に変更可能。ビジネスに必要なメトリクスを組み合わせて、リアルタイムな”見える化”を行うことができます。

クラウド運用監視システムの概念

パブリッククラウドや専用エージェント経由で収集したメトリクスデータを常時監視し、閾値の超過などの異常を検知したら、即時にメール、チャットツール、自動音声コールによってアラートを発報します。

ご契約者様VPCでは、DatadogエージェントをNodeやコンテナに導入し、各種システムメトリクスを収集します。DatadogからのアラートはメールやSlack、Chatworkで受け取れます。閾値超過、異常検知、APIコール時のTwilioでの自動音声による電話コールにも対応。

1クラウド基盤・サーバーからのメトリクス収集

AWSやGCPなどを始めとしたクラウドサービス群のメトリクスを24時間365日収集します。また、サーバーに専用エージェントを導入することで、サーバー単位の細かなメトリクスの収集も可能です。

2専用ダッシュボードで "見える化"

ダッシュボードを貴社用にカスタマイズして、収集したメトリクスの可視化を行います。ダッシュボードはWebブラウザで閲覧できるため、いつでもどこでも、システムリソースの状況を確認できます。

3閾値の超過や、異常値の検出時の発報

収集したメトリクスをリアルタイムで監視し、設計・定義された閾値の超過や、異常な値を検出した際は、指定の方法でアラートが通知されます。アラートはメールやチャットツールのほか、自動音声コールによる架電も可能です。

クラウド運用監視(Datadog)の導入の流れ

お客様とMMMが一つのチームとなり、クラウド運用監視の導入を推進します。

1ヒアリング・監視方式の設計

対象システムの監視・運用要件をヒアリングさせていただき、目的に応じてレイヤー別の監視項目設計、適切な閾値を精査させて頂きます。取得が必要な監視メトリクスを洗い出した後、両社で監視設定の内容を定義するシートを作成します。

2Datadogの事前準備

監視方式の設計の完了後、Datadogをベースとした監視基盤をMMMが実装します。

3監視エージェントの導入

監視基盤の準備が整い次第、貴社環境のLinuxやWindowsサーバーに対して、監視エージェント(Datadogエージェント)を導入します。基本的に導入作業はMMMが行いますが、ご希望があれば貴社で行うことも可能です。

4監視・ダッシュボードの設定

監視メトリクスのデータが収集できるようになったら、貴社専用の監視ダッシュボードを作成し、引き渡しを行います。また、実際にテストアラートを発報し、受け入れテストを実施します。

5監視のスタート

受け入れテストの完了後、即時に運用開始となります。このタイミングからサービス利用料が発生します。

対応するユースケースの例

AWS上のシステム監視基盤の設計・構築

自社ではAWS上のシステム監視基盤の設計や構築が難しい場合は、MMMにお任せください。

クラウド運用監視のアウトソース

クラウド運用監視をアウトソースすることで、ビジネスや開発業務に専念することができます。

自動化された復旧手順による無人監視

障害発生時の一時対処手順が確立されていれば、アラートの検知後に自動的に復旧手順を実行します。MMMの運用監視サービスは、人手の要らない、無人の監視も実現することができます。

参考プラン

たくさんのお客様からご好評いただいています。

サービス料金
初期監視項目の設計およびアラート発報設定¥100,000
(監視台数問わず一律)
仮想サーバー/マネージドサービスへの監視基盤の導入¥100,000
(インスタンス・ディストリビューション単位)
監視基盤の運用月額¥5,000 〜
※監視対象・台数により異なります

開発者の声

取締役・技術責任者
佐々木 悠人

システムダウンによって引き起こされるビジネス機会損失を防ぐためには、システムの稼働状況・リソースの適切な可視化が重要となります。

システムを確実にコントロールできるようにしておくため、MMMではDatadogによるクラウドモニタリング技術を用いて、貴社システムの安定運用を全面的にサポートします。

クラウドエンジニア
西藤 翔太朗

MMMの監視サービスは、AWSやGCPなどのクラウド・プラットフォームはもちろん、貴社のオンプレミス環境も含めたハイブリッド・クラウドの監視にもご利用いただけます。

ミドルウェアや、独自開発のビジネスアプリケーションで取得が必要なメトリクスも可視化することで、貴社サービス全体の改善や品質向上を後押しします。

事例紹介Case

よくあるご質問

Q監視サービス利用料について教えてください。

Aサーバーの台数や、監視対象のマネージドサービスの数に応じた課金となります。1サーバーあたり月額5,000円、コンテナの場合は10コンテナ単位で月額5,000円となります。

また、どちらの場合でも、初期設定費用として100,000円が発生します。初期設定には、ヒアリング、監視設計・監視項目最適化、Datadogエージェント導入、アラート発報テストなどの対応が含まれます。

Q障害発生時の一時対処をお願いすることはできますか?

A運用契約を締結いただくことで対応可能です。運用契約の締結時には、現行システムのアセスメントを行い、移管をご希望される作業内容、求められるサービスレベル(SLA)を確認させて頂きます。費用は個別のお見積りとなります。

QAWSだけでなく、AzureやGCP、自社保有のオンプレミス環境も監視できますか?

Aはい。AWSだけでなく、AzureやGCP、またオンプレミス環境についても統合的な監視が可能です。

Q24時間365日の電話受付は可能ですか?

Aはい。別途、オプションをご契約いただくことで、24時間365日の電話受付が可能です。

QDatadogの設計と設定作業だけをお願いすることはできますか?

Aはい。Datadogの設計および設定作業のみでもお受けできます。

Qクラウド運用監視の開始まで、どのくらいの時間がかかりますか?

A監視対象によりますが、正式にご発注頂いてから、最短で5営業日から運用を開始できます。

Q障害発生時の一時対処自動化は、具体的にどのように行うのですか?

A過去の障害発生時に、一時対処として実施されていた切り分け手法や、コマンドオペレーションの詳細をヒアリングさせて頂いた後に、弊社開発チームにてプログラム化を行います。

開発したプログラムは、基本的にAWS上のLambdaというサーバーレスアーキテクチャを用いて、24時間365日実行されます。

QDockerコンテナ環境の監視はできますか?

Aはい。Dockerコンテナ環境でも、他の環境同様の運用監視サービスの提供が可能です。

関連するサービスOther Service

クラウドのスペシャリストが、新規事業に関わる疑問や課題を解決します。

クラウドコンサルティング

クラウド・AWSに関するあらゆる相談を受け付けています。

詳しく見る

システム総保有コスト(TCO)最適化

AWSの徹底活用によって、お客様の情報システムのコスト削減を実現します。

詳しく見る

クラウドの潜在力を発揮したシステム構築を行います。

AWS設計・導入支援

AWSのベストプラクティスに基づいた設計・導入支援を行います。

詳しく見る

お問い合わせ

見積もり依頼や詳しいご相談など、クラウド・AWSに関する困りごとをお気軽にご相談ください。
以下のお問い合わせ先から受け付けています。

お問合わせはこちら

※通常1営業日内にご回答いたします。