AWSへのシステム移行で
クラウド最大の特徴である
柔軟性と俊敏性を実現!

MMMAWS公式コンサルティングパートナー です。

AWSへのシステム移行・検討で
お困りではありませんか?

  • 運用コストを
    なんとか削減したい
  • 上層部からクラウドへの
    移行要請・調査がきた
  • ビジネススピードに
    追従できる俊敏性が欲しい

そのお悩みMMMが丸ごと解決します!

理由1

他社とは一味違う「懐が深い」AWS移行

ポイント1クラウド移行前の入念な調査と徹底した検証MMMでは移行対象となるシステムについて入念な調査を行い、AWS上で徹底した検証を実施した上で、AWSクラウドのメリット(俊敏性、柔軟性、拡張性、コスト)を十二分に享受できる形で安心・安全な移行をご提供します。
ポイント2AWS移行時のダウンタイムを最小化MMMでは、AWSが提供しているDatabase Migration Service(DMS)を活用したデータ移行を初め、システム移行時に避けることが難しいダウンタイムを削減できる設計・リハーサルを行うことで、機会損失を最小限に抑えます。
ポイント3インフラだけじゃなくアプリも全てお任せMMMは、単にインフラをAWSに移行するだけでは十分なクラウドメリットは得られないと考えており、AWSで稼働するシステム・アプリケーションまで含めたワンストップでのクラウド最適化をMMMエンジニアチームが実現します。
理由2

AWS月額利用料を「適正化」

  • 移行後のAWS月額利用料を最適化グラフ
    ①予想可能-安定
    リザーブド
  • 移行後のAWS月額利用料を最適化グラフ
    ②予想可能-ピーク
    リザーブド
    +
    オンデマンド
  • 移行後のAWS月額利用料を最適化グラフ
    ③予想不可能
    オンデマンド
    +
    スポット
業務システムなど負荷予測が可能な場合はリザーブド、突発的で予測が難しい場合や解析系の一括ジョブ処理などはスポットなど、インスタンス契約を適材適所にフル活用する事で、AWSの月額利用料の「適正化」をお約束します。
理由3

AWSに特化した24時間365日万全の監視

Datadog操作画面

MMMでは、AWSへのシステム移行前に運用・監視に関するご要件・ご要望を入念にヒアリングし、DatadogというSaaS型のモニタリングサービスを活用することで、お客様のご要望とAWSクラウドに最もフィットする、24時間365日の監視サービスをご提供しています。
現在オンプレミスでご利用されている監視サービスをそのまま踏襲したいという場合でも、オンプレミスとAWSとのネットワーク設計含めてサポート可能ですのでご安心下さい。

AWS移行へのステップ

AWS移行のビジネスゴールをヒアリング

AWS移行をご検討された背景・経緯や、達成したいビジネスゴールついて、細かくヒアリングさせていただき、お客様の状況を十分に把握させていただいた上で、ゴール達成に向け、最も最適なAWS移行へのアプローチをご提案いたします。

矢印

AWSへの移行対象システム調査・検証

AWS移行をご検討されているシステムに対して

  • ・現行システムの構成
  • ・移行データ容量(DBや静的ファイルなど)
  • ・システム・サービスの利用ユーザ数
  • ・現在の開発及び運用フロー
  • ・移行対象システムの関係部署・関連ベンダー
  • ・バックアップ、リストア体制
  • ・APIやデータ感連携システムの有無
  • ・求められる性能要件
  • ・サービスレベル(SLA)やリカバリータイム

などをメインに、構成や現状の関係部署を含めた全容を洗い出し、AWSへの移行時に改善・検討が必要と考えられるポイントまで含めて可視化、ご提案します。

矢印

AWS移行計画とクラウドアーキテクチャ立案

STEP2での調査結果をベースに、具体的なAWSへの移行計画と、AWSに適したクラウドアーキテクチャに関して、構成図を含めてご提案します。

ビジネスゴール達成に必要と考えられる場合は、既存のアプリケーションレイヤーや移行後の開発フローの仕組み作りまで含めた、ワンストップな提案を行います。

また、移行までの対象システムに関するデータ同期方式や、切替時に発生するダウンタイムなど、移行時に運用側でサポートが必要なアクションも認識合わせを行いながら、最終的な移行計画としてまとめていきます。

矢印

AWS移行後のシステム運用・保守要件の定義

AWSへの移行計画が立案された段階で、AWSへ移行後どこまでを自社運用として、どこからを運用会社へ委託するか等、移行後のシステム運用・保守について協議していきます。

矢印

AWS移行の開始

立案・承認されたAWSへの移行計画そして移行後の運用・保守ご要件に準じて、AWSへの移行作業を進めていきます。

活用事例

Gulliver OUTLET株式会社IDOM様

シングルページアプリケーション(SPA)とサーバサイドAPIをAWSで展開

Amazon S3とCloudFront上上に配備されたAngularJSベースのシングルページアプリケーション(SPA)と、AWSマネージドサービス群を活用したバックエンドシステムを2ヶ月弱で完全にAWS上へ移行。

Gulliver クルマジロ株式会社IDOM様

AWSマネージドサービスを徹底活用したWebサービスを実現

業界最大手のガリバーが運営する中古車の個人売買サービスのAWS移行。既存システムのドキュメントが一切存在しない状況で、コードからビジネス仕様を洗い出し、2.5ヶ月でAWSを活用したフルリニューアルを実施。

チームメンバー

取締役 / 技術責任者佐々木 悠人

MMMの共同創業者で取締役・技術責任者。AWS認定ソリューションアーキテクト / AWS認定デベロッパー

1980年生まれ愛知県出身。一橋大学社会学部卒業後に某大手セキュリティ会社へ入社。その後同じ部署に所属していた現在代表の国本と共にMMMを立ち上げ。

AWSを始めとするクラウドから、Rails/Python/Goなどのサーバサイド、JavaScriptを活用したフロントエンドそしてモバイル・アプリケーション領域まで、幅広い技術領域を統括している。

チーフ・エンジニア下條 真嗣

1980年生まれ。愛知県出身。AWS認定ソリューションアーキテクト

東京大学理学部卒業、東京大学大学院理学系研究科修了、大手電機メーカーにて7年間ミドルウェアの開発、退職後9か月間の海外放浪の後、2013年12月に株式会社MMM入社。

得意分野はエンタープライズLinux、Windowsアプリケーション開発、およびRuby/Java等によるWebアプリケーション開発。

よくある質問

AWSへの移行をお願いする際に必要な情報はなんですか?
1.AWS移行をご検討されているシステムやアプリケーションの情報
2.AWS移行をご検討されている背景と狙い
3.想定スケジュール(ビジネス的なデッドライン)
4.AWS移行時に弊社へご依頼を予定されている作業
等を把握されている範囲で構いませんので、下部のお問い合わせフォームからご連絡下さい。
AWS移行にどのくらいの期間が必要ですか?
AWS移行をご検討されているシステム規模と対象作業により大幅に変動いたしますが、これまでの実績ベースですと概ね「2週間〜2.5ヶ月」程度の移行スケジュールが多い状況です。
AWS移行時にどこまで対応してくれますか?
AWSインフラ関連の設計・構築は勿論、ご希望の場合はお客様のビジネスがクラウドメリットを享受できるように、AWS上で稼働するアプリケーションの再設計・リファクタリング、再開発及び、実際のデータ移行までをワンストップソリューションとしてご提供可能です。
AWSアカウント予め開設しておく必要がありますか?
弊社にAWS移行をご依頼される場合は、移行作業の一環として新規にAWSアカウントを開設するため、予めお客様側でアカウントをお作りいただく必要はありません。もちろん既存のAWSアカウントをお持ちの場合は、そちらのアカウントを利用することも可能です。
移行後のAWS利用料の見積りは可能ですか?
はい。AWSへの移行前に、現行のシステムアーキテクチャと稼働状況、求められるサービスレベルをヒアリングさせていただき、AWSへ展開した場合に想定される月額利用料金をお出ししています。

AWSのことなら、いつでもお気軽にご相談ください!

お問い合わせ後、1営業日以内に担当者からご連絡差し上げます。

* SES(システムエンジニアリングサービス)関連の営業は一切お断り致します *